引っ越し費用の交渉テクニック

引っ越し費用を最低限に抑える為にはテクニックが必要です。ただ、引き下げるだけではサービスの質も落としてしまう可能性もあります。きちんと手順を踏めば、サービスの質を保ちつつ費用を抑える事ができます。


引っ越し業者を段階的に絞る

ネットで簡易見積を済ませたら気になる業者をセレクトしていきます。その次にタイプの違う(大手、小規模、地域密着型)業者2社ずつから訪問見積を取ります。タイプの違う業者から見積を取る事で自分のニーズと合致するタイプがわかり易くなります。大手業社は各サービスが充実している代わりに料金が高めです。また小規模業者はサービスが大手に劣る代わりに料金が安くなるという特徴があります。訪問見積で詳しく内容説明を聞いた後で、サービスや料金で納得のいく業者を2社に絞っていきます。


値段交渉ノウハウ

2個に絞ったら、見積の費用を比較していきます。この時、残っている2社はどちらのサービスも納得のいくものであるという事がポイントです。料金の総合計だけを比較するのではなく、細かい項目で比較していきましょう。一方の方が明らかに安い場合もそこで決定せずに、もう片方の業者に掛け合ってみましょう。また、人権費などでダブり費用が掛かっていると感じた時(例:荷造り3人、運搬3人⇒結局3人)は、積極的に指摘してみましょう。