引っ越し業者選びのポイント

引っ越しは安く抑えたいものです。だからと言って、サービスも諦めたくはありません。引っ越し業者を選ぶ時に、妥協を繰り返してきた方は必見です。引っ越し業者選びのポイントを解説致します。


間違いない引っ越し業者を選びたい

「間違いない引っ越し業者」は利用者のニーズによって様々です。徹底的に安く抑えたい方は自分も頭数に入ったプランでもOKと考えます。専用プランを選べば、実際に友達同士でやるよりも安く収まる事も珍しくありません。経験豊富なスタッフが一人いるだけでもスムーズに引っ越しできますよ。また、忙しくて荷造りする時間もないという方は最初から最後まで立ち合いなしでも完璧に、安心してお任せできるサービスを探します。


業者選びのコツとは

引っ越し業者選びのコツは、とにかく比較していく事です。まずはネット上で評判の高い業者さんを集めて(何社でもOK)、見積サイトで自分の引っ越しプラン見積で比較してみます。その後、訪問見積で信頼できるか判断します。この時に追加料金は発生しないかなど気になる質問をぶつけてみましょう。見積が安すぎる業者さんには保険などの保証関連の事も忘れずに確認しておきましょう。うまくいく場合だと交渉によって、見積よりも安く収まる場合もあります。引っ越し業者を決める時は、サービスが良くて安いところを選びたいものです。業者選びのコツを解説していきます。

混載便で安い引っ越し業者の対応

転勤が決まり長期の滞在になるため、家族全員で引っ越すことに決定しましたが、予算がひっ迫していたため地域密着の引っ越し業者と相談した結果、混載便の利用、引っ越し先への運び込みまでの日程に余裕があればかなり安くなるとのアドバイスを頂きました。日程については特に問題ないため、見積ってもらうと予算内に入る事がわかりました。荷物の発送責任は、全て引っ越し業者で引き受けてくれることになったので、全てをお願いする事に決定。移転当日は業者スタッフにより、混載便の為梱包は少し頑丈に処置している感じで、業者の良心的な姿勢を見る感じでした。

<スムーズな引っ越しでした>

混載便は引っ越し先の中継基地で一度荷卸しを行い、別の便に積み替え手運び込むのが普通とのことでした。しかし、委託した引っ越し業者の手配が良かったのか、同じトラック便が混載荷物を全て降ろした後、移転先の我が家へ運んでくれたため貸し切り便と殆ど変らない日程で引っ越しが完了しました。運び込まれた家具を始めとした生活用品のすべてにおいて、破損や紛失等の事故は全くなく無事引っ越しを完了しました。今回評判の良かった地元の業者に仕事をお願いしたのが、良かったと思います。引っ越し業者による、荷づくりから移転先への運びまでの全行程に対する、肌理の細かい配慮に心から感謝した次第です。

大手の引っ越し業者の傾向は

大手の引っ越し業者の場合には、同じ内容で見積もりを依頼しても、若干割高で見積が出てくることも多々あります。それはCMなどを大々的に行なっているからとも想像できますが、保険内容やサービスの面で充実しているところも見られます。値段だけでは判断しきれない面もありますので、事細かく見積書のチェックを行いましょう。何万円かの差があっても納得出来る内容となっている場合も少なくありません。


<引っ越しの見積に影響するポイント>

引っ越しの見積に影響を及ぼすポイントは幾つかあります。作業予定日が繁忙期か閑散期なのか、作業を行うスタッフの人数、使用する車両の大きさ、移動距離、荷物の量、部屋の間取り、階段かエレベーターかといった建物の構造、車両までの経路、作業拘束時間などが見積には関わってきます。これに梱包作業などが桑あれば、また加算されてゆきます。もう少しコストを抑えなければならないといったときには、「どこをどうすれば見積が下がるか」といったことを尋ねてみるのも有効です。正直に「これだけしか予算がない」という事で相談するのもいいでしょう。自分が出来ることを事前に行うことで、削減することが出来る箇所もあります。

引っ越しのマナーについて

引っ越しをする時にもマナーがありますので、ぜひ覚えておきたいですよね。
まずは挨拶についてなのですが、皆さんはどこまでの方に挨拶をしておくべきなのかについてご存知でしょうか?
マンションや一軒家によって変わってきますので、きちんと覚えておきたいですよね。
一軒家の場合は、向かい側3軒と両隣の方に挨拶を、マンションやアパートの場合は両隣と上下の方に挨拶を行なうのがマナーだそうです。


●引っ越しの荷物はどうまとめるのが良いの?●

引っ越しの時には荷物をまとめなければいけませんが、何から片付ければ良いのか悩んでしまう方もいらっしゃるかと思います。
その時は使っていないものや大きな家具から片付けていくのが良いみたいです。
そうすると、だいぶ片付き方も変わってくるかと思いますので試してみていただければと思います。
必要最低限のものだけを残しておき、後のものは全て片付けてしまった方が良いかと思いますよ。


●冷蔵庫の中身はどうする?●

一番困るのが冷蔵庫だと思うのですが、中身をどうしようかお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
引っ越しをすると決めた日から少しずつ減らしていかれるのが良いかと思いますが、難しい方は一時的クーラーボックスの中にしまっておくなど工夫をするのが良いかと思いますので、余ってしまった場合はおすすめします。

引っ越しの際の注意したいトラブル

プロの引っ越し業者でも誤って荷物を傷つけてしまったり、破損してしまうこともあります。業者の過ちの場合は補償をしてくれますが、自分の責任になる場合は補償はしてもらえないことがあります。注意しましょう。


●引っ越しの際の破損や紛失トラブルとは?●

引っ越しの際に家具や荷物が傷ついてしまったり、破損してしまった場合、基本的には引っ越し業者が修理をしてくれるか、補償してくれるものです。内容は引っ越し業者によって異なるので、最初に確認しておいた方がいいでしょう。傷がついているのを後になって見つけた、ということもありますね。荷物などの破損などに対する補償期間は、引っ越しから3ヵ月以内となっているので、早めに連絡をしてみましょう。また、パソコンのデータが壊れてしまった、というトラブルも考えられます。しかし、きちんと梱包されていなかった場合などは、補償してもらえないことがほとんどです。


●引っ越しトラブル回避のために自分でできること●

信頼できる引っ越し業者でも、補償してくれることとできないことがあります。できるだけトラブルを避けるためにも、自分でできることは自分でしておきましょう。補償してもらえないパソコンなど精密機器はきちんと梱包するか、自分で運ぶことです。また、絶対失くしたくないものは、自分の身の回りにおいて、自分で運ぶようにしましょう。また、引っ越しのキャンセル料は、2日前までは発生しません。前日や当日はキャンセル料が発生します。

引っ越しで大変なのは荷ほどきの時

引っ越しをする際に1番大変なのは、どの作業をしている時だとお考えですか?実際に引っ越しを経験された方の意見だと1番大変な作業は荷ほどきの時と答えた方が多かったです。その理由として、荷造りの時よりも荷ほどきの時の方が体的にも精神的にも疲れがたまっているので大変だと感じる方が多いようです。

●引っ越しで1番時間のかかる作業●

確かに、荷造りしている時は引っ越し先への期待と嬉しさで作業に疲れを感じる事が少ないですが、新居へ荷物を運び入れホッとした瞬間に目に飛び込んでくる段ボールの山を見るとそれまで感じなかった疲れが一気に表面へ出てくるようです。単純作業の荷造りに比べ配置などを考えながら行っていく荷ほどきの方が時間もかかりますし頭も使うので余計に疲れるのだと思います。一気に荷ほどきを終わらせようと考えると、自分で自分に焦りを与えてしまうので、無理なノルマは考えず生活スタイルに合わせながらゆっくりと荷ほどき作業を進めていく事が大切です。頭では一気に済ませようとはせずゆっくりと進めていこうと思っていても、山積みになった段ボール箱を見るとついつい頑張ってしまう方が多いかと思いますが、頑張り過ぎて疲れを出さない為にも焦ることなく作業を進めていく事が大切です。

引っ越しで必ず確認したいこと

突然引っ越しをしなくてはならなくてはいけなくなることは、サラリーマンであれば充分にあり得ます。急な引っ越しであると、何も調べることなく物件だけ決めて引っ越しをしてしまう人がいますが、それは危険です。いつまでそこに住むかも分からないのに、引っ越して失敗したなんてことがあったら、とても家にいることが苦痛になってしまいます。


●引っ越し前にしたいこと●

まずは、街を散策しに行きましょう。だいたいの内見予定の物件が決まったら、その町のことを調べるのです。どこにスーパーマーケットがあるのか。自分の良く使う銀行は近くにあるか。街はどのような街か。オフィス街なのか、住宅街なのか。知った街に引っ越すのならそこまで問題はありませんが、関西から関東のように、町にも行ったことのない場合は、できる限り内見前に現地入りし、ある程度は散策することをお勧めします。


●方角が重要●

家の居心地は方角で決まると言ってもいいです。南向きが最高です。冬は暖かく、長く日が当たるため、洗濯物もよく乾きます。一年を通して、他の方角よりも快適に過ごすことが出来ます。主婦のように、一日中家にいたりする場合は特に方角にはこだわった方がいいと言えるでしょう。

引っ越し費用の交渉テクニック

引っ越し費用を最低限に抑える為にはテクニックが必要です。ただ、引き下げるだけではサービスの質も落としてしまう可能性もあります。きちんと手順を踏めば、サービスの質を保ちつつ費用を抑える事ができます。


引っ越し業者を段階的に絞る

ネットで簡易見積を済ませたら気になる業者をセレクトしていきます。その次にタイプの違う(大手、小規模、地域密着型)業者2社ずつから訪問見積を取ります。タイプの違う業者から見積を取る事で自分のニーズと合致するタイプがわかり易くなります。大手業社は各サービスが充実している代わりに料金が高めです。また小規模業者はサービスが大手に劣る代わりに料金が安くなるという特徴があります。訪問見積で詳しく内容説明を聞いた後で、サービスや料金で納得のいく業者を2社に絞っていきます。


値段交渉ノウハウ

2個に絞ったら、見積の費用を比較していきます。この時、残っている2社はどちらのサービスも納得のいくものであるという事がポイントです。料金の総合計だけを比較するのではなく、細かい項目で比較していきましょう。一方の方が明らかに安い場合もそこで決定せずに、もう片方の業者に掛け合ってみましょう。また、人権費などでダブり費用が掛かっていると感じた時(例:荷造り3人、運搬3人⇒結局3人)は、積極的に指摘してみましょう。

引っ越しのトラブルにはご注意を

引っ越しで気を付けたいのが、トラブルです。問題が発生する前に、事前に注意しておくべきトラブルなりやすい事項を紹介します。


引っ越しのトラブルを未然に防ぐ

引っ越しでトラブルが起きてしまうと、気分はもう最悪になりせっかくの新居にいてもストレスが溜まります。そうならないように、まずは引っ越し業者をよく選んで決めましょう。というのも、トラブルが起きるのは業者との間がほとんどなので、いかに問題解決能力が高い業者を選ぶかがトラブルを起こさないコツだからです。悪質な業者では、問題が起きても知らないふりをして、誠実に対応してくれないからこそトラブルが起きます。その一方、口コミ情報などで高評価を得ている業者は、問題が起きてもしっかりと対応しているので、よかったという声が多くあります。


見積もりの時にはしっかり確認しておく

引っ越しのトラブルの中で多いのが、料金に関することです。中には、見積もりをしてもらった時と料金が倍以上違ったなんていうケースもあるようなので、気を付けなければいけません。そこで、見積もりに来てもらった時には、内訳を詳しく聞いてあいまいな部分を極力なくすようにしましょう。逆に、そこであいまいなことばかり言うような所は、あまり信用しない方が良いかもしれません。

引っ越しと固定費関連手続き

引っ越しは家から家へただ荷物と主に移動すれば終わりというわけにはいきません。勿論公の機関へ転出届等各種手続きを行う必要がある他、水道や電気、ガスなど快適に暮らす為に住居に引いていたライフラインを止める必要があります。


引っ越しにおける各社への対応

基本的には水道や電気、ガスといったこれらのライフラインは全て契約している会社に解約手続きを行う必要があります。基本的には解約する日時を指定し、その日までの利用料金をその日づけで支払う形となります。尤もこういった光熱費などは借家の場合大家さんを介しての契約になっている事も多い為、持ち家の場合以外は契約内容をきちんと確認するようにしましょう。


ライフラインを止めるタイミング

よくありがちなミスとして、引っ越し当時または翌日にガスや水道、電気を全て止めてしまうケースです。ガスはともかく特に水道や電気は引っ越し当日にも案外使う事になる他、荷物を出し終えた後の掃除などで利用する事もあります。当然全くその日以降使う予定が無いというのなら早めに解約しないと勿体無いのは確かですが、余程の事が無い限り少し解約日には余裕を持たせておいたほうが無難と言えます。ましてや引っ越しの日より前に止めてしまうと思わぬ苦労をする事になりかねません。

引っ越し前に行なうべきパソコンバックアップ

引っ越しではパソコンなどもシャットダウンし、すべてのコードを外して外に運び出します。原則として大切に荷物は運んでもらえますが万が一の事故はないと限りません。事前にやっておきたいパソコンのバックアップデータなどをご紹介します。


ファイルなどは小型のHDDへ移動

自分で頻繁に利用しているファイルなどのデータはUSBメモリや外付けのHDDなどへバックアップを取りましょう。特に仕事などで利用しているものはなくなってしまっては大変です。大きな荷物にならない程度のデータメモリーにバックアップを保存しましょう。機密事項や個人情報などが記録されていないものであれば、クラウドサービスを利用するのもいいですが、この場合はクラウドサービスに何かあったときのことも考えておきましょう。またパソコン全体のバックアップデータなどを作成するソフトも売られていますので、そちらを利用してもいいでしょう。


プロバイダにも連絡を

利用しているプロバイダがあれば、業者に引っ越しする旨を連絡し、新居の住所などに書き換えましょう。ネットの開通工事などが必要になる場合もあるかもしれませんから、引っ越し前にその手順なども知っておきたいものです。梱包を行うときは、すべてのコード類を外し、梱包します。パソコンの入っていた箱を捨ててしまっている場合、クッション材などでしっかりと保護しましょう。またほこりなども故障の原因になります。